ヒートデトックス for woman 体験レポート ① ~メイクアップアーティストMICHIRUさん~

ショーや雑誌、広告などで幅広く活躍中のメイクアップアーティストMICHIRUさんに、ヒートデトックス for woman (1/15~3/31)を体験いただきました。

 

SONY DSC

YON-KA:トリートメント、鍼、塩灸を組み合わせたトリートメントはいかがでしたか?

MICHIRUさん(以下、MICHIRU):全身がとても温まり、流れがよくなってリセットされました。気の巡り、血の巡り、すべてがよくなった気分。余分なものが落ちて全身がすっと軽くなった感じです。

YON-KA:それはよかったです。MICHIRUさんは普段から冷え対策をされているとか?

MICHIRU:そうなんです。油断するとすぐに冷えてしまうので、ちゃんと湯船につかったり、靴下を重ねばきしたりしています。
ただ、いくら普段からケアしていても、深いところまではやっぱり自分では難しいと思うのですが、今回のヒートデトックス for womanはおへその奥とか、内臓とか、身体の深部までしっかり温めてくれたのがうれしかったです。

 

1217_heat03YON-KA:MICHIRUさんは、脚やお腹はそれほどでもなかったのですが、足首がとても冷えていました。また、腰~お尻のあたりがとても凝っていましたので、トリートメントでは全体を流しつつコリをほぐしていきました。鍼では、大渓、三陰交、委中、志質など腰~足の冷えやむくみ、ハリなどに効果的なツボを刺激しました。また、肩のかなり奥の方にもコリがあったので、天柱、肩井など、背中~首のこわばりに対してもアプローチしました。

MICHIRU:結構いろいろ凝っていたんですね(笑) 鍼と一緒にしてもらったお灸もすごく気持ちよかったです。私は塩のお灸は初めてだったんですが、どんな特徴があるのですか?

 

SONY DSCYON-KA:今回使用している塩灸は、良質なミネラルをたっぷり含んでいるゲランドの塩とエマルジョンピュアを混ぜて土台を作っています。
お灸として使用することで、塩や製品に含まれるミネラルやエッセンシャルオイルなどが熱とともにじんわりとお身体に浸透していくという特徴があります。
塩灸はカッと身体に熱を入れるタイプのお灸ではなくじわじわと深部まで温めていくタイプのお灸で、おへそに置くのもポイントです。お腹周りに熱を入れていくことで、丹田と言う全身のエネルギースポットともいえるツボが温まり、骨盤周りの血流もよくなります。

MICHIRU:丹田は自律神経をつかさどるとも言われていますよね。塩灸で丹田が温まったから、終了後にやる気や元気までチャージされた気分になったんですね。

 

ヒートデトックス for women 詳細はこちら>>

ヒートデトックス for woman 体験レポート ② ~メイクアップアーティストMICHIRUさん~はこちら>> 

 

profMICHIRU
メイクアップアーティスト&ビューティディレクター
渡仏、渡米を経て現在3rd所属。国内外のファッション誌、広告、ショー、女優やアーティストのメイクなども手がける。ヨーガ、アロマ、ヒーリングなど肌、心、体がきれいになれるインナービューティも提案。
http://make-michiru

 

Posted under: スパ トリートメント

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS