体験しました!温灸で冷え取りメンテナンス ヒートデトックス for woman ①

この冬、レスパス ヨンカ表参道では、代謝をアップさせるボディトリートメントと、鍼&塩灸を組み合わせた「ヒートデトックス for woman」が登場します。

自律神経やホルモンバランスを整え、身体を深部から温めながら、冷えやむくみ、女性特有の悩みにアプローチするこのプログラムを3名の女性が体験。その感想をヨンカカフェで、じっくりご紹介致します!

※ヒートデトックス for womanの詳しい説明はこちら

 

メンバー紹介

1217_01A様(27歳)
立ち仕事で食事時間は不規則。添加物をできるだけ取らない、冷たいものは飲まない、お菓子は食べずにドライフルーツにするなど、食べものに気を使っている。むくみや冷え、お腹が張りやすい。首・肩のコリが深刻。週に1回程度ヨガを行っている。 

1217_02B様(31歳)
デスクワーク中心で、食事は外食が多い。運動が好きで毎日身体を動かしている。冷えやすいため、身体を温めるハーブティーやレッグウォーマーを愛用。睡眠時間がなかなか確保できないことと、頭痛、生理痛、肩周りのコリが悩み。

 

1217_03C様(39歳)
デスクワークと外回りが半々くらい。食事をていねいにとることを心がけており、コンビニ食はできるだけ食べないように。運動はあまりしていないが、歩くのは好き。冷えやのぼせ、頭痛、上半身のコリが気になる。

 

 

 

YON-KA:今回みなさまには、ヒートデトックストリートメントを受けていただきました。アロママッサージ→鍼→ボディラップ→塩灸という内容でしたが、みなさま、これまでに鍼やお灸は試されたことはありますか?

 

1217_02B様:私は鍼もお灸も初めてでしたが、最初に鍼灸師の方にとてもていねいに身体の状態を診てもらえたのが印象的でした。脈を診て、お腹を触りながら私のいまの状態を探ってくれて、「疲れやストレスが溜まっているけど、気力で頑張っていますね」「冷えが奥まで進んでしまっています」といった的確なコメントをもらえたのがうれしかったです。

 

1217_01A様:私もお腹を触っていただいた時に「腸がきちんと動いていないようです」と言われてびっくりしました。実は普段から胃腸の働きが悪く、お腹が張りやすいのが悩みだったんです。

 

1217_heat02YON-KA:レスパス ヨンカ表参道では通常からカウンセリングに重きを置いているのですが、鍼灸を行う場合は、セラピストと鍼灸師の両名でカウンセリングさせていただくので、よりじっくりお客さまの状態を診させていただき、施術を行います。トリートメント内容はもちろん鍼についても、お一人おひとりの状態に合わせて打つ場所をカスタマイズしています。

1217_02B様:最初は鍼が痛いのではないかと怖かったのですが、ほんの少しチクッとするくらいで痛みはほとんどなかったですね。打たれた後は鍼が刺さっているのを忘れてしまうくらいでした。

 

YON-KA:B様は中医学でいうところの肝腎陰虚タイプで下腹部(腎)に力がない状態でした。腎はエネルギーの源なのでこの働きが弱まると、肝の働きも乱れ、血のめぐりが悪くなり冷えやのぼせが起きると言われています。B様には、肝と腎のバランスのケアと頭に上っている血液を脚に下げるのに適した箇所に鍼を打ちました。

 

1217_03C様:私も冷えが進行した結果の“のぼせ”のせいで、お灸をかなり熱く感じたのですが、ほてりやのぼせを調整する頭のツボに鍼を打ってもらったら、とても楽になりました。お灸はきちんと行いつつも、状態をみながら鍼で調整してもらえるというのがありがたかったです。

 

1217_01A様:私はむくみ、首と肩のコリ、お腹のはりが特に気になっていたのですが、首とお腹の調整をしてもらったら、トリートメント後は首や肩の頑固なコリがほぐれて、お腹周りがすっきりしていたのを実感しました。

 

1217_heat01

YON-KA:A様は消化不良を起こしやすい脾虚タイプでしたので、脾系のポイントとなる三陰交と、首のまわりのストレスケアを調整する箇所に鍼を打ちました。脾は冷えを嫌うので、やはり温めることがとても効果的なんですよ。

 

「体験しました!温灸で冷え取りメンテナンス ヒートデトックス for woman ②」 はこちら>>

 

 

 

Posted under: スパ トリートメント

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS