セラピストという仕事 ~スクール卒業生 内村秋波 ② ~

お客様の応援団になりたい

uchimura01-今後の目標やキャリアプランは?

セラピストは、私の長いスパンでかなえたい夢であり、一生の仕事にしたいと考えているので、焦らずに今学べることを吸収して、準備ができた段階でいいチャンスが出てくれば、チャレンジしていきたいと思います。

 スクールに入学した頃は、販売の仕事に携わるとは思っていませんでしたが、今はセラピストになる前に、販売を経験させてもらえたことにとても感謝しています。やはりお客様とお話をして、その方に一番ふさわしい製品をご提案できるということはお客様に真摯に向き合うという意味で、セラピストになっても重要なことだと思います。いまはその最も核となる部分を日々学んでいるところです。

 

 

 

 

-将来的には、どのようなセラピストを目指したいですか?

スクールの最初の授業でもレポート形式で発表したのですが、お客様の心のつっかえを取り除いて心を晴れやかにできるような存在になりたいと思っています。お客様の応援団になりたいですね。そのためには、お客様が言葉にできない気持ちを察する能力が必要ですし、磨いていかなければと思っています。

授業でも、誰にとってもよいであろうと思うものを提供するのがサービスで、お客様が何を欲しているかを察してお客様1人1人に合ったものを提供するのがホスピタリティだと学びました。ビューティアドバイザーにもセラピストにも、サービスではなくホスピテリティが必要ですよね。

 

-YON-KAの魅力とは?

uchimura0私が目指す姿と重なるのですが、一人ひとりに最適な美容法を提案することができるブランドだということが最大の魅力です。そして、ただ癒すのではなく、確かな効果実感が得られるので、お手入れを楽しみに変えてくれますよね。

私はYON-KAに出会ってから、<製品>に対するこだわりが強くなりました。以前は、トリートメントを行うことで、お客様に1時間でも2時間でも時間を費やして向かい合えることが、セラピストの魅力だと思っていました。でも最近は、お客様に合った製品をお選びすることで、そのときだけでなく、家に帰ってからも、幸せな時間をお届けすることができることに気づきました。YON-KAの製品は、心も肌も変えていくことができるので、その感動をお客様と一緒に味わっていきたいです。

 

 

セラピストという仕事 ~スクール卒業生 内村秋波 ①~はこちら

表参道セラピストスクール~セラピスト体験会&説明会~はこちら

 

次回のヨンカ カフェ連載「セラピストという仕事」は、ハイアットリージェンシー京都のスパセラピスト、寺島雪江さんのインタビューです。

Posted under: スクール

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS