YON-KA アナザーストーリー
「春と夏、季節によって心地よさの違うお手入れの変化 ダメージを補いながら、夏を満喫する」

独自のセンスを生かし様々な分野で活躍する方々に、プロフェッショナルな視点を通して綴っていただく“YON-KAアナザーストーリー”。今回は4名の方々に、それぞれ6回に渡り「YON-KAのある生活」をご紹介いただきます。

>>episode 5 「手先仕事の必需品 ハンドクリーム」はこちら

大久保 有加 episode 6
「春と夏、季節によって心地よさの違うお手入れの変化 
ダメージを補いながら、夏を満喫する

体調や仕事の流れなどは、自分自身を整えることととても深くリンクしていると思う。自分の体質、思考や嗜好などさまざまなクセを理解し注意しながら、自分の中のバランスを整えていくことの大切さ。YON-KAに出会って、そんな自分への気配りの心地よさを実感している。

疲れが溜まったり、オーバーヒートして駆け込むスパのメンテナンスは、とても心強いもの。だけど、できれば貯めずに未然に防ぎたい。ゼロに戻す作業ではなく、プラスにしていくための日々のお手入れ。

「ニュートリ ディフェンス」というクリームを試してみる。保湿成分だけでなく、抗酸化成分も豊富に含まれているとのことで、乾燥からくるダメージや炎症のある肌もサポートしてくれるのはうれしい。

写真

 

春は、アメリカでの大事な出張があり、到着してからの怒涛のスケジュールを想像しながら、渡航前にスパでのトリートメントをお願いした。ゆっくりとリラックスして整える心地よさ。体調だけではなく、メンタルもリラックスできているかは、特に創作活動の際には大きく作品の出来に影響する。アメリカで最古にして最大と言われる花のイベント、「フィラデルフィアフラワーショー」へ出展参加してきた。全米から25万人が来場するというスケール。出展の目的は、輸出振興にむけて日本で栽培されている花のお披露目と花文化発信。日本の花を空輸して、9m四方の展示ブースをデザイン監修してきた。ベストを尽くせて、ホテルに帰ると疲れ果ててしまうハードワークにも、朝晩のYON-KAと、その中に凝縮された植物たちの香りにほぐされたのを覚えている。仲間たちと制作したブースは、フローラル部門でブロンズメダルをいただき、うれしく貴重な経験となった。

 

夏は、トルコで初めて開催されているアンタルヤ国際園芸博覧会の日本の政府ブースでいけばなの展示を行う予定だった。準備のため渡航する当日の朝にテロのニュースが届き、渡航を取り止めた。夏から秋へは、リゾート地でもあるアンタルヤへの滞在を数回予定していたので、世界情勢の変化と動向、平和についても同時に深く考えることが格段に増えた今年の夏。

 

季節が変わると、お手入れの組み合わせ方も変化する。夏の日の、心と身体をほぐすバスタイムには、ボディスクラブ入りのブルーのジェルを愛用している。ジェルを取り出すだけでも、海と夏がイメージできて気分が高まり、バスタイムのマッサージもリラックスできる。YON-KAの魅力は、何気ない日常の中で、心身に深くリラックスしてトリートメントできるストーリーも楽しめること。香りと一緒にいざなってくれるから、ゆっくりと「自分時間」を大切にしながら夏を過ごしている。

201609012

 

 

【MONTHLY DATA】
●トリートメント
アロマ リュクス」「アンテルメゾ」「パーツケア(ヘッド)

●ホームケア
ヨンカ セラム」「エラスティン ニュイ」「ニュートリ ディフェンス」「レ コープ ボディミルク」「ハンド プロテクションクリーム

●肌や心身の状態
レコープ ボディミルクを約4か月継続することで、脚の肌質が柔らかくなるという大きな変化が出始めた。
ボディトリートメントで全身もほぐし、ヘッドマッサージをプラス。

 

【Profile】

D4W8165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大久保 有加

花道家。草月流師範。一般社団法人ジャパン・フラワー&コミュニケーションズ代表理事。
いけばな指導や作品発表の他、イベントの企画プロデュース、講演、執筆活動、
公立小学校への授業プログラム支援や子供たちへの花育など、いけばなを軸とした幅広い分野で国内外で活躍。

 

 

Posted under: その他, 最新情報

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS