【YON-KA日本上陸5周年⑤】おもてなしの心・静寂の中

会場に入ってすぐに目についたと思われるのが、これ。
老舗フレンチレストランに出現した「茶室」。

【4】 日本のYON-KAが大事に想う「おもてなしの心を表現しました。

o0400060010459273211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を込める、互いに尊重し敬い合う、心を開いて向き合う、季節感を持つ、本質を見極める、自然から与えられたいのちを尊ぶ、心身ともに清らかである、どんなときも動じない心、言葉にされない想いを形にする・・・

日本の地でYON-KAに携わる私たちがもっとも大切にしているおもてなしの精神。
それは、茶の湯の心と共通しているように感じ、表現したのが、今回ご用意したお茶席です。

セラピストとお客様とが、静寂の中で過ごすトリートメントルームの空間と亭主が心を込めてお茶を点て、心を込めていただく時間は日本人らしい「おもてなしの心」と共通しています。

o0400026710459577875

 

 

 

 

 

 

美男美女の草野ご夫婦がお茶を召し上がっていらっしゃる写真を発見。絵になりますねぇ。

そして、こちらも問い合わせや反響の大きかった会場の「いけばな」。これは・・・

【5】 YON-KAブランドのシンプルな中にある美しさ、静寂」を表したものです。

o0400054910459273219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花の種類も多く色とりどり、華やかな季節に、会場にしつらえた花(いけばな)にあえて花を使わなかったのには理由があります。花を活けずして、花を活ける。白とグリーンがメインとなっています。

70種類以上ある「YON-KA」製品を使いこなすことは一見複雑そうに見えますが、細かなニーズに応え、しっかりと違いを感じて頂けるように、肌は勿論、心身のバランスにまで配慮してつくられているなど、核となるものはシンプルです。

また、華美にならず流行に捉われない「YON-KA」製品の薬のような素朴なパッケージにも通じる「個性」や「素の美しさ」、本物をシンプルに追求する姿勢。派手な宣伝広告を行わず、職人気質で、誠実なものづくりを続けている一貫したブランドの理念を表しています。

竹も多く用いられました。竹には「節目、成長が早い、真っ直ぐ、高い生命力」といった特徴があります。さらに「L’ESPACE YON-KA表参道」にご来店いただいたことのある方はご存知だと思いますが、ハイドロセラピールームの壁面にも、竹が施されており、共通点の一つとなっています。

o0400052310459273221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光と影。美しい竹と花のシルエットです。

o0400060010459276910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶席にも今日の為に花を添えました。
”Japanese Rose”といわれる「やまぶき」の黄色い小さな花が清楚で可憐な輝きを放っています。

 

<<前へ     次へ>>

 

 

 

Posted under: その他

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS