【YON-KA日本上陸5周年②】プレス懇談会

o0400040010455732062 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティは、表参道に古くからあるフレンチレストランで行われました。

ブランドの世界観を会場で表現するなら、一軒家を貸切るのがベストだ!と思えたことと、樹齢百年の木が印象的なお庭も決め手に。もちろん、お料理もランチタイムなどを利用して事前にチェックしていました。

ガーデンでの演出も考えていたため、何よりも心配だったのが当日の天気。天候が不安定な3月(2005年のオープン時は雪が降っていてかなり寒かったのを今でも覚えています)、週間天気予報を皆でにらんでは、「雨に真冬のような寒さ」という予報に毎日祈るような気持ち・・・。本部K氏が「全員、てるてる坊主を作るようにっっ!」などと檄を飛ばしていたぐらいですから(笑)

前々日も雨、前日も雨、と雨続きでしたが(ちなみに翌日は雪・・)、気持ちが通じたのでしょうか当日は何とか天気がもち「社長!奇跡です!晴れました!」と朝イチでスタッフから喜びのあまり連絡が入ったほどでした。

o0400026710455749476

 

 

 

 

 

 

とうとう来てしまった当日。こちらは開場前のひとこま。
朝からずっと緊張が止まらず明らかに挙動不審な私とは対照的に、相変わらず冷静なBrunoとSonia。フランス人に緊張の文字はないのか!?かなりのリラックスムード。

通訳に関する打ち合わせの時間だったのにも関らず、3人でフレンチジョークを交えた取り留めのない世間話をしていました。まったくも~!と思っていたけど、今考えると二人の気遣いだったのかも。
(この人たちならありえる!!)

o0400029510455758286

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は二部制で、1800から第一部のプレス懇談会。

1730ドアオープン。日頃からお世話になっているメディアのかた達がお集まりくださいました。
パーティ開始前にじっくりと会場内をご案内し、コンセプトなどをお伝えできればと考えておりました。私のプレゼンテーションとブルノーのスピーチも控えています。

o0400026910455749482

 

 

 

 

 

 

化粧品メーカー主催の会であれば、通常は新製品のお披露目、テクノロジー、効果・効能にスポットをあてたプレス発表会となるわけですが、今回はなぜ、”発表会”ではなく、あえて”パーティ”という形なのか、そんなこともはじめにお話させて頂きました。

それは、5年間の感謝の気持ちとともに、
半世紀以上の歴史と伝統、研究や確固たる技術力に基づいていながら、非常に神秘的であるYON-KAの真髄を感じて頂ける場にしたかったから。

パーティを開くこと自体に意味があるのではなく、YON-KAのルーツ、ブランドの世界観やフィロソフィー(哲学的なところ)を“体感”してもらえる機会、ということに価値があり、非常に貴重だと思えたからです。

その後、スライドを使いながら、テーマやコンセプトを一つずつお伝えさせていただきました。

パーティのコンセプトを通して、ブランドのコンセプトや、弊社のビジョンを伝えていこうと考えたからです。

 

<<前へ     次へ>>

 

 

Posted under: その他

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS