YON-KA おもてなしの秘密 ~サポートリーダー 北山智子~

レスパスヨンカ 表参道やYON-KAにとって欠くことができない、サポートリーダー、北山智子にインタビューを行いました。

北山は、2008年に入社後、会社運営に欠かせない、人事や総務、経理、物流からイベントのオペレーション、営業サポートまで幅広い仕事を担っています。いったい何人分の仕事をこなしているのだろう、と誰もが自分の目を疑いたくなる仕事ぶりにも関わらず、サポートが必要なときはさっと横から手を差しのべてくれる、そんな頼りがいのある姉御的な存在です。北山から見た、レスパス ヨンカ表参道とは、YON-KAとは、舞台裏からお客様に届けたい熱い思いを聞きました。

 

どのようにYON-KAファミリーの一員になったのでしょうか。 

代表の武藤とは前職で一緒に働いていたこともあり、YON-KAを日本に導入することや、レスパス ヨンカ表参道のオープンにこぎつけるまでの話をリアルタイムで聞いていました。友人として話を聞き、「目標に向かって本当に一生懸命」に進んでいく武藤を見ていて、いつかは自分もサポートしたい、と漠然と感じていました。ただ、自分は石橋をたたいて渡らないタイプの人間なので、今でも、よく転職したなぁ、と思います。

 

 

 

 

 

 

すごく迷った末の決断だったのですか。

ずっと、いつか助けたい、と思っていたので、前任者が退職する、という話を聞いたときに、「今だ!」と思いました。その時は全く迷わなかったのが、自分でも不思議です。

 

レスパスにはオープン時からお客様として通われていたということですが、どんな印象でしたか。

とにかく担当してくれるセラピストが天使のように思えて、すごく信頼を寄せていました。随所におもてなしの心を感じることができ、こんなに大切にしてもらえるんだ、と感動していたことをよく覚えています。美容にはそこまで関心があったわけではないのですが、YON-KAを使い始めてから肌が変化していることが自分でもわかり、お手入れが楽しくなりました。今だからこそ、そんな一流のサービスを提供しながらも様々な苦労話があったということを知りましたが、当時はそんなことは知る由もありませんでした。

 

 入社して変わったことはありますか。

YON-KAというブランドに対する考え方が一番変わりました。以前から、ブランドについて話は何度となく聞いていたのですが、深い部分まで落とし込むことで、知れば知るほどブランドの理念や奥深さに惹かれていきました。 フランスのYON-KAファミリーとやり取りをするようになり、よりYON-KAを身近に感じるようになったということもありますが、創設者が想いを込めて作りこんだブランドの真髄を武藤が理解して噛み砕き、まずは社内に浸透させていったことが大きいです。また、その理念が製品やトリートメントに本当に反映されているところもYON-KAの魅力だと感じています。

 

確かに、理念やブランドネームの背景まで社員全員に浸透しているブランドはなかなかないと思います。どのように浸透していったのでしょうか。

M.V.P.の導入と、毎日の実践を通じて、徐々にブランドについての理念や目指す方向性などの基盤が浸透していったように思います。

 

*前回の社員インタビューでもM.V.P.の話が挙がりましたが、そもそもM.V.P.はどのように導入されたのでしょうか。

かなり早い段階から社員教育に力を入れていたのですが、その中でも、マインドの部分が非常に大切だ、という武藤の考えの基、スタッフ全員が共有できるような目標や心の持ち方を明文化することから始まりました。8割がたまとまったところで、実際にスタッフミーティングで意見を聞いて、何度も加筆修正を行いました。「想い・喜び・感動の共有」のなかの「YON-KAチーム全体で力を合わせ、いかなる時も一丸となって取り組みます」という部分は、スタッフの意見で追加されました。

 

スタッフ全員で作り上げた、M.V.P.なんですね。M.V.P.が出来る前と出来た後で変化はありましたか。

スタッフの成長は日々感じられますが、特に印象深かったのが、M.V.P.を毎日実践することで、意図的に「前向き」になり、今までだったらネガティブな反応が返ってくるような場面でも発言が変わってきたときには驚きました。
また、M.V.P.が浸透していることを、肌で感じたのがブランド上陸5周年のプレス向けのイベントです。準備には時間がかかりましたが、スタッフが皆、心から誇らしそうにしていたこと、チームが一丸となって、ブランドへの愛情が終結してその場の空気を作り出していたことに感動してしまいました。YON-KAをひとりでも多くの方に知っていただいて、それをスタッフ全員で成し遂げている、というのを実感できる瞬間がとても幸せです。 

                                                                 

 

      

 

 

 

 

 

 

「お客様に“大変満足”していただけるレベルを常に目指していくことが、自分たちの終わりなき挑戦」と今後の目標について語る北山からは、スタッフをサポートすることで、YON-KAとして最高のおもてなしをお客様にお届けしたい、という熱い気持ちがひしひしと伝わってきました。お客様から届く嬉しいコメントや、スタッフの前向きな発言をかみしめて涙を浮かべる北山は、お客様と接するスタッフを360度サポートするために、今日もデータ分析にキット作り、製品検品と大忙しです。

 

*前回の社員インタビュー(レスパス ヨンカ表参道 菊池):YON-KA おもてなしの秘密 ~レスパス ヨンカ表参道 菊池由香里~

 

Posted under: ヨンカ ファミリー

Comments are closed.

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS