Home » Archive by category "その他" (Page 5)

【YON-KA日本上陸5周年 ⑩】これから・・・

o0400026710459665092

10のコンセプト、その最後は

【10】これからのYON-KA、ヴィセラジャパンの理念

 

を表現することでした。

t02200165_0800060010471974177

 

 

 

 

 

純粋なる1滴が水面を揺らし 波紋となって大きな輪を描き出し広がるように

ファミリーの間で伝承される”秘法”YON-KAがフランスから世界に

世界から日本の地に、日本のYON-KAからまた広がっていく・・・

喜び、そして、全てのYON-KAファミリー、一人ひとりの幸せのために・・・

 

”全てのYON-KAファミリー”には、お客様、お取引先様、フランス・世界・日本でYON-KAに携わる私たち、YON-KAを通して関る全ての人たち、そしてその先の家族や大切な人たち・・・という意味が含まれています。
そんなどこかでしっかりとつながっている私たち。

 

ヴィセラジャパンの全社員が大事にしているビジョン。

その全てのYON-KAファミリーである「一人ひとりの幸せのために」

今までも、そしてこれからも、真剣に取り組んで行こう。

 

そんな私たちの覚悟、そして決意表明でもありました。
だからこそ、あえてイベント会社など専門家をいれず、日本のYON-KAファミリーが、スタッフ一人ひとりがお客様に心を尽くしておもてなしを行いました。

 

<<前へ    次へ>>

【YON-KA日本上陸5周年⑨】YON-KAのアルケミー

o0400056810459666312

3月も終わりに近づいてきました。少し間があいてしまいましたが、5周年の話も終盤。一気にいきます。あと少しお付き合いください!

8つ目のコンセプトは、YON-KAのブランドメッセージ

 

【8】 the alchemy of pure wellness” 

~ 真のすこやかさをもたらす「YON-KA」のアルケミー

 

このメッセージを表現することで、これがなんと言っても一番難解でした。

何を生み出していくブランドなのか・・・

私達の使命や存在意義をも示すものだからこそ

先ずは弊社全スタッフがこのメッセージの意味を深いところで理解する必要があり、この落とし込みにかなり時間がかかりました。
アルケミー(錬金術)と聞いてピンとくる日本人は少ないのではないでしょうか。私自身も納得できるまで随分長い時間がかかり、以前のブログでも書いたように、まさに”謎解き”でした。

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10425908806.html

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10427211602.html

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10427212883.html

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10428384694.html

創設者から受け継がれた「門外不出の研究・調合方法」

「知識と技術」、「自然への敬愛」、「植物学者のこだわり」

「ホリスティックケアへの考え方」、「ファミリーの情熱や愛情」

70種類以上の「製品」とテーラーメイドの「トリートメント」・・・など

様々なYON-KAの秘法」が調和・融合し、浄化を繰り返し繰り返し

ぎゅっと凝縮されて生まれた”純粋なる1滴(ひとしずく)”

 

YON-KAの秘法を内包するこの1滴・・・

この純粋なる1滴こそが

『YON-KAのアルケミー(錬金術)』がつくりだすPure Wellness(真のすこやかさ)』 なのです。

t02200165_0800060010471974156

 

 

 

 

 

 

Pure Wellness(真のすこやかさ)を生み出す錬金術。

本来の生命力を最大限に引き出し、潜在する自然治癒力を高める。

肌や身体だけでなく、魂までうるおす。

美しさだけでなく、心身の真の調和をもたらすために、変わらぬ理念を貫き通している。

そんなことを会場全体で、そして、おもてなしを通して表現しよう・・・

 

アルケミーは、自然やものからだけでなく、人と人からも生まれる。だからこそ、会場にお越しの皆様とも”新しいアルケミー”、純粋なる一滴をここから生み出していこう!難しいテーマでしたが、そんなことを胸に全スタッフが取り組みました。

さらに、”the alchemy of pure wellness”の

【9】 Pure(ピュア) 

を表現したのが、製品展示です。

o0400026710459665092

 

 

 

 

 

 

製品ディスプレイでは、自然の恵み、混じりけのない“PureなYON-KA製品”を表現しました。一つひとつの個性を引き立てるためにガラスのディスプレイに製品を並べ、シンプルかつ透明感のある演出を施しました。

o0400056810459666312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明の当て方、そして、ディスプレイ代も全て透明感を引き出すものになっています。

o0400026710459666309

 

 

 

 

 

 

夜も綺麗ですが、昼間はまた違う表情を見せていました。

 

<<前へ      次へ>>

 

【YON-KA日本上陸5周年⑧】パーティ PHOTO~その1

o0400026710462486404

第一部のプレス懇談会に続き、19:00からスタートした第二部のパーティには、お取引先様、業界関係者様、フランス大使館や商工会議所の方々、日頃お世話になっている皆様など、150名近くのお客様がお越しくださり、華やかかつ、温かな空気に会場が包まれました。

ほんの一部ですが写真をアップしていきます。雰囲気が少しでも伝われば嬉しいです。

o0400026710462485921

 

 

 

 

 

 

プライベートでとても仲良くして頂いていて、去年の年末は韓国旅行もご一緒したザ・リッツ・カールトン東京 の人材開発部長であるまりこ姉さんが、乾杯の音頭を取ってくれました。さすが、スピーチはお手のもの。ほのぼのとした雰囲気でスタートしました。

o0400026710462486407

 

 

 

 

 

 

AMATA のオーナー美香さんと 。AMATAは大人が安心して通えるヘアサロン。とっても落ち着きます。
私もお世話になっているのですが、毛根とか、頭皮とか、髪の毛だけでなく根本からケアしてくれるところがツボです!サロン内は、一つ一つ美香さんのセンスが光っていて訪れるたびに「あのお花は?」などと聞いてしまいます(笑)美香さんのコラムにも早速パーティの模様をアップしてくれていました!⇒http://www.pro-feel.net/thema/column/img/20100308.png

o0400026710462486404

 

 

 

 

 

 

インスパイリング エクササイズMicaco さん(中央)とYayoiさん (右)と。

皆様、TVでご存知だと思いますが、インスパは本当にバランスが良い!!とはじめて受けた時に思いました。筋肉・骨(特に骨盤)・呼吸・燃焼系・ウォーキングなど、全身に働きかけて美しさをつくるエクササイズってありそうでないですよね。私もMicacoボディを目指して頑張るぞ~!!お二人のブログにも当日の記事がアップされていました!

 

<<前へ     次へ>>

【YON-KA日本上陸5周年⑦】日本と世界

o0400026710459665086

さてさて話を戻します。

会場はいくつかのコーナーに分かれいて、お茶席の向かいの屏風に展示した写真で表現したのは・・・

【6】 日本のYON-KAの歴史 

o0400026710459665086

 

 

 

 

 

 

「YON-KA」が日本に上陸して5年。

半世紀の歴史からすれば、ほんの5年ですが、ここまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。それも良い思いで。またここから一枚、一枚、笑顔のスナップを増やして行こうという願いを込め、手触りや見た目も柔らかなシルクの額に入れてヒストリー写真を展示しました。

懐かしい写真たちを覗けば、多くの人々に支えられ、素晴らしいご縁や出会いがあったことを昨日のことのように感じます。

 

そして、話は少し前後してしまうのですが、会の最後、クライマックスに流された映像。

実は、これもまさしく?ファミリーの”手作り”だったのですが・・・

 

【7】 「ヒストリームービーで、 「歴史ある世界のYON-KAを表現しました。

 

o0400026710459665082

 

 

 

 

 

 

ファミリーブランドならではのあたたかみ。娘たちの美と健康を願う「親心」からはじまった「YON-KA」。半世紀以上をかけ、世界中5大陸全てに広まってもなお、変わらず引き継がれるファミリーの確かな愛情を表現しました。

フランスから世界へ、世界から日本へ。私たちがこれからの歴史をつくっていく、そんな決意の意味も併せ持っています。

 

この場面では、私だけでなく、スタッフのほとんどが涙を流していました。

 

<<前へ     次へ>>

 

【YON-KA日本上陸5周年⑥】号泣スウィッチ

o0400026710460609121

種明かし?も半分まできたので、すこし脱線。

実はわたくし、、この日は18時からずっと泣きっぱなしでした。

ここ半年、本当に感情を揺さぶられることが多く起こり、確かに涙腺は緩めではありましたが・・・最後の最後に気が緩み、うる・・・ぐらいかな?と思っていました。当日は、緊張もしているし。

・・・にも関らず、プレス懇談会からまさかの大・号・泣!!となるとはまさにまさにまさに予想外。

19時からいらっしゃる150名の招待客の皆様をきちんとした状態で(いつになくヘアメイクもしっかりしていたし)お迎えしようと思っていたのに、18時半には涙と鼻水でメイクは全落ち、、目は腫れておりました(^^;)ははは・・・。

一度泣きはじめたら中々止められない、私の「号泣スウィッチ」を押してしまったのは

この人↓↓↓

o0400026710460609121

 

 

 

 

 

 

この日のためだけに、フランスから駆けつけてくれた、Multaler(仏YON-KA)のBrunoのスピーチでした。

Brunoは、スタートから今までを知っている人物。
私が日本でYON-KAを展開したい、と始めて想いを語らせてもらった人。
どこの誰だかもわからないのに、真剣に私のプレゼンテーションを聞いてくれた人。
それからの苦労や成長も見届けてきてくれた人である。

祝辞のみと油断していたら・・・

「YON-KAにとって一番大事なのは、「人」。
「心」、「純粋なる想い」、そして「情熱」。
だからこそ、日本の展開を任せられるのは彼女しかいない。そう確信している。

これまでの5年間は、Kyokoの情熱が起こした奇跡。

これからの5年、10年もブランドの真髄を受け継ぎ、伝えていって欲しい」と語ってくれた。

社長という立場は本当に孤独なもの。
何をしても、誰かがほめてくれるわけでもない。
もちろん、褒められる為でも、誰かに認められる為にやっているわけでもない。
誤解や理解されないことも多い。
嫌な事があっても、どんなに辛くても、外に出さない。
人知れず誰よりも努力をすることがあたりまえ。

常に気丈で冷静であることを心がけているが
思いがけないねぎらいの言葉に心がすっかり溶けてしまった。

涙がとまらなくなってしまった。

o0400026710460609126

 

 

 

 

 

 

 

いつもお世話になっているライターさんも、ご自身の体調が悪いのを押して、真っ白なカラーと黄色のミモザの大きな花束を抱え、お祝いの為に会場に駆けつけてくれて、またまた泣けてきた。5年前のオープニングの時もこんなふうにお話したっけ。

最初から最後までほぼ泣き通しだったけれど、、、
この日だけは許してもらおう。

 

<<前へ     次へ>>

【YON-KA日本上陸5周年⑤】おもてなしの心・静寂の中

o0400060010459273211

会場に入ってすぐに目についたと思われるのが、これ。
老舗フレンチレストランに出現した「茶室」。

【4】 日本のYON-KAが大事に想う「おもてなしの心を表現しました。

o0400060010459273211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を込める、互いに尊重し敬い合う、心を開いて向き合う、季節感を持つ、本質を見極める、自然から与えられたいのちを尊ぶ、心身ともに清らかである、どんなときも動じない心、言葉にされない想いを形にする・・・

日本の地でYON-KAに携わる私たちがもっとも大切にしているおもてなしの精神。
それは、茶の湯の心と共通しているように感じ、表現したのが、今回ご用意したお茶席です。

セラピストとお客様とが、静寂の中で過ごすトリートメントルームの空間と亭主が心を込めてお茶を点て、心を込めていただく時間は日本人らしい「おもてなしの心」と共通しています。

o0400026710459577875

 

 

 

 

 

 

美男美女の草野ご夫婦がお茶を召し上がっていらっしゃる写真を発見。絵になりますねぇ。

そして、こちらも問い合わせや反響の大きかった会場の「いけばな」。これは・・・

【5】 YON-KAブランドのシンプルな中にある美しさ、静寂」を表したものです。

o0400054910459273219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花の種類も多く色とりどり、華やかな季節に、会場にしつらえた花(いけばな)にあえて花を使わなかったのには理由があります。花を活けずして、花を活ける。白とグリーンがメインとなっています。

70種類以上ある「YON-KA」製品を使いこなすことは一見複雑そうに見えますが、細かなニーズに応え、しっかりと違いを感じて頂けるように、肌は勿論、心身のバランスにまで配慮してつくられているなど、核となるものはシンプルです。

また、華美にならず流行に捉われない「YON-KA」製品の薬のような素朴なパッケージにも通じる「個性」や「素の美しさ」、本物をシンプルに追求する姿勢。派手な宣伝広告を行わず、職人気質で、誠実なものづくりを続けている一貫したブランドの理念を表しています。

竹も多く用いられました。竹には「節目、成長が早い、真っ直ぐ、高い生命力」といった特徴があります。さらに「L’ESPACE YON-KA表参道」にご来店いただいたことのある方はご存知だと思いますが、ハイドロセラピールームの壁面にも、竹が施されており、共通点の一つとなっています。

o0400052310459273221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光と影。美しい竹と花のシルエットです。

o0400060010459276910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶席にも今日の為に花を添えました。
”Japanese Rose”といわれる「やまぶき」の黄色い小さな花が清楚で可憐な輝きを放っています。

 

<<前へ     次へ>>

 

 

 

【YON-KA日本上陸5周年④】キアロスクーロとプチサロン

t02200315_0400057310459202834

会場全体を見渡すと次のしつらえが。

【2】 「YON-KA」のビジュアルコンセプトを、会場内全体の「ライティング(照明)」で表現しました。

t02200244_0400044410458494228

 

 

 

 

 

 

 

t02200146_0400026610458494243

 

 

 

 

 

 

上記や「YON-KA」ビジュアルは全て「キアロスクーロ」という技法を用いてつくられています。

キアロスクーロ(Chiaroscuro)はイタリア語で「明・暗」という意味。
美術においては、明暗のコントラストを指し、それを用いた技法が「明暗法(めいあんほう)」「陰影法(いんえいほう)」といわれています。下記、フェルメールの絵に代表されるように、絵の中で明るい部分と暗い部分の印象的なコントラストが特徴です。

t02200315_0400057310459202834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このYON-KAのビジュアルコンセプトである「キアロスクーロ」(明暗法)を、レストラン全体の照明で表現しようと、会場内全ての照明を入れ替え、光の陰影をつける工夫を施しました。

t02200260_0359042410459211653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

t02200147_0400026710459202836

 

 

 

 

 

そして、次は、会場の一角に目を向けていただくと・・・
【3】 一人ひとりに合わせたYON-KAのテーラーメイドケアを再現するために、「プチサロンが設けられています。

o0400026710459202838

 

 

 

 

 

 

 

70種類以上もある製品の中から、セラピストがお客様一人ひとりの肌質やコンディションに合わせて選ぶ、YON-KAのテーラーメイドケアの真髄や、手から手へと感じるぬくもりや香りを感じていただくために、会場の一角に「プチサロン」を設置。実際にパーソナルなケアを体感していただきました。

o0400026710459202989

 

 

 

 

 

 

 

当日はたくさんの方が訪れ、「セラピストさんの肌がすごく綺麗だから説得力ある~!」とのお声を多数頂きましたよ。

 

<<前へ      次へ>>

 

 

【YON-KA日本上陸5周年③】 記念日

o0400022010458494239

8日に行われた5周年記念の模様をお伝えしている途中ではありますが

○*本日3月20日が正式な5周年記念日です○*

この日を迎えられましたこと、心より感謝申し上げます。

 

ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば ふたば

  からつづく)

プレス懇談会では、資料をお配りし、5周年記念パーティのテーマや会場のコンセプトをお話しさせて頂いたのですが、第二部では一切触れることはありませんでした。しかし、プロフェッショナルなお客様が多かったこともあり「きちんと説明も聞きたかった!!」とのお声をたくさん頂き、ブログで紹介させていただくことにしました。

 

今回のテーマは・・・

 

1. YON-KAブランドの世界観・理念

           ↓
2. 日本のYON-KAが大切に想うホスピタリティの形

           ↓
3. これからのYON-KAと、ヴィセラ・ジャパンのミッション

 

この3つを表現することでした。そして、

そのメッセージを“体感”していただけるよう、5周年記念パーティー会場の細部にいたるまで工夫を施し、明確な10のコンセプトに基づいて創りあげていきました。

 

パーティにお越しいただいた皆様は「あ!そうだったのか~!」なんて、思い出してにやりとして頂けたら嬉しいし、初めての方も楽しんでいただけたらと思います。

 

まずはじめに・・・

【1】 「YON-KAブランドの世界観を表現したのが、パーティの冒頭で流した「コーポレートフィルム」です。

o0400022010458494239

 

 

 

 

 

言葉や文章、製品やトリートメントだけでは伝えきれないブランドの世界観、『5つの宝』のルーツ

そして、創設者が名づけた『YON-KA』というブランドネームの秘密が、美しい映像と音楽で表現されています。

“YON”・・・生命の川、清められた水であり、すべてのエネルギーの源
“KA”・・・すべての人が内側に持っている本来の力、永遠の生命力の象徴

この二つの意味を組み合わせた「YON-KA」というブランドネーム・・・

「知識と神秘」「自然と科学」「静と動」「光と影」など一見矛盾して見える二つの概念が一つになることでもたらされる、

“途絶えることのない再生と新たな調和”を象徴しています。

 

仏ヨンカの社長、副社長であるフランソワーズ、キャサリン姉妹は、このムービーを初めて目にした時、涙を流したそうです。

 

私自身もそして弊社のスタッフもこのムービーを観る度に心の静けさの中にある炎を感じずにはいられません。 皆さんはどんなことを感じるでしょうか・・・

 

http://yonka.com/fr/video-Univers-Yon-Ka.asp

パソコンだと、画面や音に迫力がないのですが・・・こちらからもご覧いただけます。

 

<<前へ     次へ>>

【YON-KA日本上陸5周年②】プレス懇談会

o0400040010455732062

o0400040010455732062 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティは、表参道に古くからあるフレンチレストランで行われました。

ブランドの世界観を会場で表現するなら、一軒家を貸切るのがベストだ!と思えたことと、樹齢百年の木が印象的なお庭も決め手に。もちろん、お料理もランチタイムなどを利用して事前にチェックしていました。

ガーデンでの演出も考えていたため、何よりも心配だったのが当日の天気。天候が不安定な3月(2005年のオープン時は雪が降っていてかなり寒かったのを今でも覚えています)、週間天気予報を皆でにらんでは、「雨に真冬のような寒さ」という予報に毎日祈るような気持ち・・・。本部K氏が「全員、てるてる坊主を作るようにっっ!」などと檄を飛ばしていたぐらいですから(笑)

前々日も雨、前日も雨、と雨続きでしたが(ちなみに翌日は雪・・)、気持ちが通じたのでしょうか当日は何とか天気がもち「社長!奇跡です!晴れました!」と朝イチでスタッフから喜びのあまり連絡が入ったほどでした。

o0400026710455749476

 

 

 

 

 

 

とうとう来てしまった当日。こちらは開場前のひとこま。
朝からずっと緊張が止まらず明らかに挙動不審な私とは対照的に、相変わらず冷静なBrunoとSonia。フランス人に緊張の文字はないのか!?かなりのリラックスムード。

通訳に関する打ち合わせの時間だったのにも関らず、3人でフレンチジョークを交えた取り留めのない世間話をしていました。まったくも~!と思っていたけど、今考えると二人の気遣いだったのかも。
(この人たちならありえる!!)

o0400029510455758286

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は二部制で、1800から第一部のプレス懇談会。

1730ドアオープン。日頃からお世話になっているメディアのかた達がお集まりくださいました。
パーティ開始前にじっくりと会場内をご案内し、コンセプトなどをお伝えできればと考えておりました。私のプレゼンテーションとブルノーのスピーチも控えています。

o0400026910455749482

 

 

 

 

 

 

化粧品メーカー主催の会であれば、通常は新製品のお披露目、テクノロジー、効果・効能にスポットをあてたプレス発表会となるわけですが、今回はなぜ、”発表会”ではなく、あえて”パーティ”という形なのか、そんなこともはじめにお話させて頂きました。

それは、5年間の感謝の気持ちとともに、
半世紀以上の歴史と伝統、研究や確固たる技術力に基づいていながら、非常に神秘的であるYON-KAの真髄を感じて頂ける場にしたかったから。

パーティを開くこと自体に意味があるのではなく、YON-KAのルーツ、ブランドの世界観やフィロソフィー(哲学的なところ)を“体感”してもらえる機会、ということに価値があり、非常に貴重だと思えたからです。

その後、スライドを使いながら、テーマやコンセプトを一つずつお伝えさせていただきました。

パーティのコンセプトを通して、ブランドのコンセプトや、弊社のビジョンを伝えていこうと考えたからです。

 

<<前へ     次へ>>

 

 

【YON-KA日本上陸5周年①】招待状の秘密

o0400028910452903419

3月8日(月) YON-KA日本上陸5周年記念パーティが行われました。
あれからあっという間に1週間。

実際の5周年記念日(3月20日)に向けて、そろそろ、5thアニバーサリーのバックステージや当日の模様などを書いていこうと思います。まずは、招待状から。

中々、こういったコンセプトやテーマで作成をしました、というような話しをする機会も無いので、こちらで紹介できればと思っています。

下記の写真が今回のパーティの招待状。
実は、この中に、文章だけではないメッセージが隠されていました。
お送りした方たちの中で気が付かれた方もいたかもしれません。

それは、

<結ぶ> ・ <重ねる> ・ <包む>

の三つを表現したものでした。

「結ぶ」は、今までの良縁に感謝

そしてこれからたくさんのご縁を結ぶ、という意味が。
「重ねる」「包む」は大切なものを心を込めて丁寧に、という意味を込めました。

また、オレンジの紐は帯じめのようでもあり、
違う素材、色や柄を重ねることで楽しむ風流な美の世界、着物のようでもあり、大切なものを布で包む日本の文化やイメージも取り入れたかったのです。

 

o0400026810452883524

 

 

 

 

 

 

 

結び目を解くか、紐を外すと・・・

o0400026810452883529

 

 

 

 

 

 

重ね、包んでいたそれぞれ素材と色の違う3つのパーツに分かれます。

o0400026810452883531

 

 

 

 

 

 

 

一枚は、パーティの日時や地図の入ったご案内状。

o0400026810452884208

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一枚は、私からのレター部分。
何度も、何度も、何度も書き直して・・・ようやくこの文章になりました。

o0400026810452884216

 

 

 

 

 

 

 

そして、全体を包んでいたのは・・・

o0400026810452884219

 

 

 

 

 

 

 

出欠席のご確認をするFAX用紙になっています。

o0400026810452884810

 

 

 

 

 

 

 

結び・重ね・包む とこのようになります。

 

o0400028910452903419

 

 

 

 

 

 

 

「素敵な招待状が届きましたよ!」
「パーティはここから始まっているのですね!」などなど・・・

そんなお声をたくさん頂いた招待状でした。

 

次へ>>

 

 

 

【YON-KA日本上陸 5周年の記録】一気読み!

o0400026710455749476

① 「招待状の秘密」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10482843388.html

 

② 「プレス懇談会」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10484532719.html

 

③ 「記念日」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485855486.html

 

④ 「キアロスクーロとプチサロン」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485869190.html

 

⑤ 「おもてなしの心・静寂の中の美しさ」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485870070.html

 

⑥ 「号泣スウィッチ」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485892597.html

 

⑦ 「日本と世界」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485870893.html

 

⑧ 「パーティPHOTO~その1」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10488685917.html

 

⑨ 「YON-KAのアルケミー」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485864522.html

 

⑩ 「これから・・・」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10487912065.html

 

⑪ 「パーティレポート」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10486729864.html

 

⑫ 「続・パーティレポート」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10494275664.html

 

⑬ 「続々・パーティレポート」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10494301023.html

 

⑭ 「番外編~ ドリームチーム」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485894091.html

 

⑮  「番外編~ 贈りもの」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10486144772.html

 

⑯  「番外編~ ソニアの涙」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485895091.html

 

⑰ 「FINAL ~この節目に」

http://ameblo.jp/kyokomuto/entry-10485889899.html

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS