Home » Archive by category "ブランド" (Page 2)

YON-KA 60th アニバーサリー レポート from Paris ②

IMG_20140916_142234

ヨンカへの誇りと愛情は負けません! 

世界各国のディストリビューターやトレーナーたち

DSC_0037「ヨンカは世界5大陸、50か国以上、5,000か所以上のスパで展開しています」と入社後の研修で初めて聞いたとき、ヨーロッパやアジア、アメリカまでは想像したものの、実は南米や中東などあまりイメージはわいていなかったのです。

 

そんな私にとってまさにチャンスが訪れたのは2日目のランチでのこと。前の席にはスペイン語を話しているマダム2人組。くっきりと描かれたアイライン、きちんとひかれた口紅が貫録たっぷりで、少し躊躇しながらも、ここはヨンカファミリーだ、と自分に言い聞かせながら挨拶をしてみると・・・

DSC_0091とってもチャーミングな笑顔で「アルゼンチン」から来たとのこと。そもそもヨンカを知ったきっかけは、知人が創設者ファミリーとお友達だったそうで、かれこれ40年近くヨンカを扱っているそう。日本に上陸するかなり前から地球の裏側の国、アルゼンチンまでヨンカが広がっていたとは・・・。

 

アルゼンチンでビューティシャンの地位はとても高く、皮膚科医とほぼ同じ勉強をするようで、医者の道に進んでいくビューティシャンも多く、そんな方々にもヨンカは厚い支持を得ているということを誇らしそうに語るアルゼンチーナを見て、その「誇り」は全世界共通なんだな、と嬉しい気持ちになりました。

 

創設者ファミリーとともに刻まれた、60年の歴史

あっという間にインターナショナルミーティングは終了し、いよいよキャサリンへのインタビュー当日。ヨンカが生まれた頃のこと。その時代の女性たちは何を求めていたんだろう。時代の空気は、、ヨンカに対する反響は、、80種類もの製品はどのように生まれたんだろう。

たくさんの質問と緊張を抱えて、案内されたフランス本社のミーティングルームに。記録用にとビデオをセッティングした私をみて、お化粧しようかしら?スカーフ巻いた方がいいかしら?とユーモラスなキャサリンが場の空気を和ませてくれます。

インタビューはこちら>>http://yonka-cafe.com/other/2331/

DSC_0154ヨンカの60年の歴史は、本当にキャサリンの人生そのもの、つまりミュルタレアファミリーの歩みそのものでした。

なかでも感動したことは、60年前から、「ウェルネス」こそが真の「ビューティ」である、という姿勢を変わらず貫きとおしていて、そのためにも原料や研究、技術の提供をすべての工程に妥協することなく、ベストの中でもベストなものを追い求めた結果、ヨンカのDNAが脈々と受け継がれ、海を渡ることがきたんだと。首から上だけが顔ではない、皮膚だけが肌ではない、顔をケアするにはデコルテケアが必須だし、肌の状態を良くするには表面を覆っている皮膚だけでなく、内臓やストレス、すべてのことを考慮してケアしていかなければならない、とう考え方には深く共感し、ヨンカ創設者ファミリーの理念がぶれていないことに感動を覚えました。

 

IMG_20140916_142234ヨンカの歴史は、女性の社会的な立場や、フランスから発信されていたモードやカルチャー、そういったすべての環境と相互に影響を与えながら、今日まで続いてきたということ、その歴史にただただ驚き、それは日本でも当てはまるな、と自分の使命に改めて思いをはせた一日となりました。

 

YON-KA 60th アニバーサリー レポート from Paris ③>>http://yonka-cafe.com/other/2369/

YON-KA 60th アニバーサリー レポート from Paris ①

1

久しぶりの親戚との再会を慈しむような温かさ

1パリ19区にあるきらきらと美しい運河沿いたたずむホテルでは、間もなくYON-KA生誕60周年を記念した、インターナショナルミーティングが始まろうとしています。エントランスには明るい挨拶の声が響きわたり、再会のハグやキスをする人種も国籍も違う人々。

 

2インターナショナルミーティングというからには、ピンと張りつめた国際会議のような雰囲気なんだろうか・・・とやや緊張気味にスタンバイしていた私の予想を大きく裏切り、おばあちゃんの米寿をお祝いするために親戚一同が久しぶり集まったような、そんな温かい空気が流れています。

 

そうか、これが入社以来聞いていた「ヨンカファミリー」なんだ、と思わず納得。ヨンカ歴40年というひとも、今年仲間入りしたばかりというひとも、「ヨンカ」という絆で結ばれているから、すぐに打ち解けられる。みんなの中に流れるヨンカ愛が、この懐かしいような気持ちにさせてくれます。

 

わが子のように、各国の成長を見守る創設者の娘 キャサリン

そもそも、今回の出張の個人的な大きな目的は、創設者ファミリーに会ってインタビューをすること!でした。これまでは見たことがある創設者の娘キャサリンとフランソワーズの3枚の写真を頼りに勝手に想像を繰り広げていましたが、その方に実際会えるなんて。。。

ミーティングではみんなが集まったところに颯爽と登場して、スピーチをするんだろうか、でももう高齢だし(失礼ですが本当に)出てきてくれるんだろうか。。。と内心心配をしていました。

 

集合時間が近づいてきたため、ヴィセラジャパン社長の武藤とトレーニングマネージャーの西川と会場へ向かう3名。

「あれ?人がいないね」

「ここじゃないのかな?」

と案の定方向感覚に乏しい私たちが迷っていたら、目の前から、太陽のような明るい笑顔の女性が両手を大きく広げて「KYOKO!」と近づいてくるではありませんか。

すでに面識がある私以外の二人は、「Chatherine–!!」と喜びの再会。

3

 

 

 

 

 

 

「え???この方がキャサリン??」

と頭が一瞬真っ白に。そう、想像とまるで違ったのです。

 

自分のなかで創設者の娘然とした、昔のフランス女優のような“マダム”を思い描いていたのですが、キャサリンは私がこれまで出会ったどのフランス女性とも違う、自然体というか気さくな印象の方です。

4各国のヨンカメンバーの名前も一人ひとり覚えていて、軽快なトークと笑い声とともに温かく迎え入れるその姿は、まさに実家の母を連想させるような存在感。旅立っていった子供たち一人ひとりの成長を見守り、帰ってきたときは心から喜んでくれる、そんな安心感をくれるのがヨンカのDNAなんだ、と感じました。

 

 

YON-KA 60th アニバーサリー レポート from Paris ②≫http://yonka-cafe.com/other/2351/

創設者ファミリー キャサリン・ミュルタレア ~ラベンダーに込めた想い~

キャサリン02

 

今日は、ラベンダーとラベンダーから水蒸気蒸留法によって抽出されたエッセンシャルオイルについてお話させていただきます。なぜラベンダーかというと、YON-KAのブランドを代表する「5つの宝」とよばれる植物のうちのひとつでもあり、全製品の70%という高い割合で配合されているからです。

キャサリン01YON-KAではどんな種類のラベンダーを使っているかご存知でしょうか。

私たちが「ラベンダー」という名前で呼んでいるシソ科の香り高い植物は、全世界で30種類くらい存在します。そのうち主に3種類のラベンダーがフランスのプロヴァンス地方に生息しています。

「ラベンダー」と同じ名前で呼ばれていても、種類によって、原産地や香り、特徴、形、色などが異なります。例えば色をひとつとってみても、青紫色から、淡紫色、紅紫色、ピンクや白と多岐に渡ります。

特定の種類のラベンダーは、良い香りを放つものであっても、デコレーション用にしか使われないものもあります。その代表例が、フレンチラベンダーです。反対に、何世紀も前に発見された優れた効能によって、調香師やセラピストから厚い信頼を寄せられているラベンダーもあります。そういった優れた効能をもつラベンダーについて、皆さんにさらに詳しくお話をさせていただきたいと思います。

 

 

真正ラベンダー(Lavandula Angustifolia) 

ラベンダー01lavandula veraや lavandual officinalis (medicinal) 、 fine lavenderとしても知られています。南仏プロヴァンス地方で2,600-5,900フィート(約800m-1800m)の石灰質で乾燥した、陽の良く当たる小高い丘に生息している、最も可憐なラベンダーです。

繊細で芳しい香りを放ち、生理学的にも高い効能を持ち合わせるため、最もニーズが高い種類で、YON-KAでも採用しています。この種類は、数あるラベンダーの中でも最も高価なものです。というのも、500-850mlのエッセンシャルオイルを抽出するためには、100kgもの花を必要とするほど低収率で希少性が高いためです。エッセンシャルオイル中には、250ほどの分子を含み、リナロールと酢酸リナリルが大部分を構成しています。

真正ラベンダーは害がないことも有名ですが、数え切れないほどの効能を持っています。おだやかな癒しをもたらすと同時に、筋肉の緊張を緩和してリラックスを促し、抗炎症作用や防腐作用にも優れ、心へも働きかけるなど、その効能をあげればきりがありません。

眠る前に数滴のラベンダーエッセンシャルオイルを枕に垂らせば、とても質の良い睡眠を得られることでしょう。クローゼットに少し香りを入れると、洋服に気持ちの良い香り付けをしてくれるだけでなく、防虫効果も期待できます。

 

それでは、他の種類のラベンダーについても見てみましょう。

 

スパイクラベンダー(Aspic lavender or lavandula latifolia spica)

ラベンダー02

1,600 – 2,600 フィート(約490-800m)の土地に生息し、aspicという言葉は、まむしに噛まれた傷を治癒するために使われていたことから、まむしの名前に由来しています。70種類ほどの分子で構成され、リナロールとシネオール、カンファーといった成分を含んでいます。とても優秀な殺菌、防腐、鎮痛、ヒーリングの効果があります。

 

 

 

 

ラヴァンディンLavandula Burnatii

ラベンダー03

ラヴァンディンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーが蜂の媒介で自然に交配した混合種です。3,300フィート(約1,000m)の高地でも生息でき、今日では、この種が最も多く栽培されるようになり、プロヴァンス産の第3番目の種類として知られています。1ヘクタールの土地に植えられた真正ラベンダーからは、15kgのエッセンシャルオイルしか抽出できないのに対し、ラヴァンディンから採れるエッセンシャルオイルは約100kgにもおよびます。芳香成分は、真正ラベンダーに含まれるものと似ていますが、ラヴァンディンの香りは繊細な複雑さに欠け、含有量も少ないため、真正ラベンダーとは別物と認識して扱うことが大切です。アロマセラピストたちは、香りによるリラクシング効果や防腐効果の高さを好んで使用しています。

 

 

フレンチラベンダー(lavandula stoechas

ラベンダー04

石灰質の土地に生息する他の種類のラベンダーとは異なり、コルシカ島の低木地帯で、ケイ酸を含有した土壌を起源とするラベンダー種です。名前の由来は、蝶の羽のような形をした花びらきています。多くのひとが庭で育てているにも関わらず、そのエッセンシャルオイルはカンファーやフェノコンといった神経毒性を引き起こす成分を含有しているため、ほとんど使われることがありません。

 

 

 

 キャサリン03

いくつかのラベンダーを比較しましたが、ラベンダーのエッセンシャルオイルの効果を最大限実感していただくために、YON-KAでは、希少価値の高い真正ラベンダー(lavandula angustifolia)を取り入れることにこだわりをもっています。

お客様がYON-KAの製品を日常的に使うことで、真正ラベンダーから抽出されるエッセンシャルオイルの数多くの自然の恵みを享受していただき、その素晴らしさを体感していただくことが私たちの願いです。

 

 

皆様には、このコーナーでまたお会いできるのを楽しみにしております。

次回は、ゼラニウムとして親しまれている、pelargonium graveolensについてお話します。

 

 

創設者ファミリー キャサリン・ミュルタレア ~アロマテラピーへの誘い~ 

ミュルタレア姉妹

~YON-KA60周年を目前に、これまでの研究の成果と情熱を、日本の皆様へ~

エッセンシャルオイル

60年以上前に、エッセンシャルオイルを美容の分野に応用しようという、当時としては信じられないような、勇敢な決断をしたことが今日のYON-KAの始まりです。エッセンシャルオイルは常に私たちにとって非常に重要な存在であったことはいうまでもありません。そこで、今日は、エッセンシャルオイルについて、改めてお話をさせていただきます。

その前に、私が誰か、という簡単な自己紹介をさせていただきます。私は、1954年以来、植物から抽出された成分やエッセンシャルオイルの効能を信じて、情熱と先見の明を持って製品を生み出してきたYON-KAというブランドの起源である、ミュルタレアファミリーの次女として生まれました。

ビューティシャンとしての道を歩んでいた1968年、現在の「応用研究」の部署の責任者となり、副社長となりました。姉であるフランソワーズは、生化学者として研究を続けていましたが、社長を父より引き継ぐこととなりました。

私たち家族や友人たちの間で日常的に行われ、脈々と受け継がれてきた植物療法の経験。そのいくつかを日本の皆さんにもお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

エッセンシャルオイルとは何でしょうか

紙切れやティッシュにエッセンシャルオイルを1滴たらしてみてください。同じことを植物油でも試し、その違いを観察してみましょう。数分経つと、エッセンシャルオイルのほうは、香りだけを残して、跡は完全になくなってしまします。一方、植物油の方は、消えることのないべたつく跡だけが残っています。定義すると、エッセンシャルオイルは、植物から抽出した、揮発性の香りを放つ物質のことです。

 

 

 

植物のどの部分からエッセンシャルオイルは抽出できるのでしょうか

植物のあらゆる部位からエッセンシャルオイルは抽出することができます。時には、ひとつの植物の複数の異なる部位から、異なる香りや効能をもったエッセンシャルオイルを抽出することもあります。
例えば、ビターオレンジというミカン科の低木は、果皮の部分からは「スウィートオレンジ」のエッセンシャルオイルを、花の部分からは「ネロリ」のエッセンシャルオイルを、葉や枝の部分からは「プチグレン」のエッセンシャルオイルを抽出することができます。
エッセンシャルオイルを特徴付けているのは、それぞれがもつ独自の構造、作用、香りです。エッセンシャルオイルの品質を見分けるために、YON-KAでは「クロマトグラフィー」とよばれる洗練された分析方法を用いています。蒸気の段階で検査をすることで、適合しないすべてのものは排除した状態で判別することができます。

 

エッセンシャルオイルは危険ではありませんか

いくつかの記事はエッセンシャルオイルの危険性を示唆するものもあり、その質問を受けることはとても多いです。

エッセンシャルオイルは、自然のものであるがゆえ、強い作用を持っています。忘れてはならないのは、原液のエッセンシャルオイルは、非常に早いスピードで皮膚の深い層まで浸透していき、血液で全身を巡ったのち、最終的に息として吐き出されます。

そのため、YON-KAでは、薄められていない状態、つまり原液のエッセンシャルオイルを一般の方やビューティシャンが手にすることがないようにしています。私たちが取り扱うすべての製品は、最大限の効果と、安全性を確立した状態で処方組みされています。

 

 

 

 

なぜ、最小限のリスクではなく、最大限の安全性ついて話すのですか

それは地球上にあるすべての物質が、肌に対してアレルギーや炎症を引き起こす可能性があるからです。しかし、もし私たちが、事前に必要な細心の注意を払っておけば、アレルギーを引き起こす危険を避けることができ、結果的に、エッセンシャルオイルの素晴らしい作用と香りだけを留めて製品作りに生かすことが出来ます。

 

 

アロマテラピーを美容とウエルネスの分野に応用していくことについて

エッセンシャルオイルは自然の殺菌や防腐作用、治癒作用、再生作用、抗炎症作用、鎮静作用、活性作用があります。さらにエッセンシャルオイルが放つ香りは、心理的な作用をもたらします。脳波や脳機能イメージングの研究など、ここ数年、エッセンシャルオイルの感情や記憶をつかさどる中枢神経に対する働きの研究が進んでいます。特定のエッセンシャルオイルは、リラックス効果があることや、緊張状態を改善して、落ち着かせる効果があることがわかってきています。

しかし、最後に私はそのリスクについて繰り返し述べたいと思います。エッセンシャルオイルを活用したお手入れには、予期せぬ効果が発揮されることがあり、十分に

注意しなければならないため、皆さんの健康と美容の探求と正しいお手入れについては、最大限の効果を引き出すためにも、専門家の手に委ねていただきたい、ということです。

 

 

次回は、私たちにとってもっとも重要なエッセンシャルオイルのひとつである、真正ラベンダーについてお話します。

 

クリスタルアワード - 日本のベストスパ2012受賞式

6

スパファインダージャパンの「クリスタルアワード - 日本のベストスパ2012」の受賞式が、丸の内パレスホテルで行われました。

 

 

 

 

 

 

パレスホテルが誇る絶景のお部屋に、スパ業界の皆さまが一同に会し、スパファインダー代表取締役社長の相馬さんのご挨拶から、なごやかな雰囲気でスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパが日本に上陸して10数年。スパ認知度も高まり、近年のスパ業界の変化を肌で感じられている相馬さんのスピーチは、2013年へ向けて、スパ業界のさらなる盛り上がりを感じました。

 

 

 

 

 

その中でも話題となったのが、N.Y.ではすでに大人気のイベント、SPA WEEKの日本開催です。心と身体の健康バランスを整えるための「スパのある暮らし」を実現するために、まずはスパを体験していただくことを目指したイベントで、YON-KAも、参加いたします!
東京をはじめ、北海道から沖縄まで日本全国のスパ施設が参加をする初のイベントになりますので、今から楽しみです。

 

 

さて、今年で4回目を迎えるクリスタルアワードですが、読者やユーザーの方の投票によるTOP10スパの受賞に加えて、スパやウェルネス業界で活躍する人たちの専門的な観点から選ぶ、プロフェッショナル賞も増設されました。

 

 

 

 

今年の受賞スパはこちらです。

YON-KAは、2011年に引き続き、本年も名門スパが数多く受賞されているなか、2年連続でTOP10スパに選ばれました。

さらに、代表の武藤がプロフェッショナル賞のマネジメント部門で受賞をいただくことができ、なんと、ダブル受賞となりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

YON-KA代表 武藤による感謝のスピーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受賞スパの皆さまとの談笑タイム。

 

イノベーション部門賞を受賞された、星のやの皆さまとYON-KA代表 武藤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様から評価をいただき、2年連続の受賞につながったことを、スタッフ一同、心から感謝するとともに、お客様の期待に応えられる最上級のおもてなしを提供し続けられるよう、来年以降もさらにレベルアップしていくことを皆で誓い合いました。

 

YON-KAの謎解き(3)~YON-KAのAlchemyとは

o0400030810363974047

o0400030810363974047

 

 

 

 

 

 

 

 

Alchemy(アルケミー=錬金術)には、
”様々なものが融合して、新しいものが生まれること”

という意味があることが分かった。

 

そして

 

“YON-KAの”Alchemy(アルケミー=錬金術)とは
半世紀以上に渡りファミリーによって伝承される「秘法」

secret method, mystique,

 

そして、「YON-KAの秘法」である

・門外不出の研究、植物や自然成分の抽出方法、調合法、エッセンス
・自然界の恵から、再生・鎮静・消炎・浄化等異なる効果を生み出すノウハウ

・知識と技術
・植物学者、職人のこだわり
・ファミリーの情熱と愛情
・父から娘へ受け継がれた技術と知識
・自然への敬愛(love & respect)
・心身の調和、holistic value(肌や身体だけでなく心や魂までもが喜ぶもの)を生み出す術

さらに、そこから生まれた

・70種類以上の「製品」

・テーラーメイドの「トリートメント」・・・

 

これらの全てが、調和・融合し、

凝縮され、どんどん浄化を繰り返し、繰り返し・・・

純粋なる、本当にピュアな極上の”1滴(ひとしずく)”が生まれる。

その純粋なる1滴が、「Pure Wellness(真のすこやかさ)」を作り出していく。

本来の生命力を最大限に引き出し、すべての人に潜在する自然治癒力を高める

それが「YON-KAのアルケミー(錬金術)」。

l’alchimie du bien-être

the alchemy of pure wellness

全てのYON-KA Visualにも入っているこのブランドメッセージ。
”秘法”であるYON-KAの製品やトリートメントがつくりだすPure-wellness。
心身ともに美しく生まれ変わるための、最適な錬金術。

 

このメッセージの本質を携わる私達も理解し、ようやく次に進む事ができた。
自分達で扱っていながら奥深く、、謎解きはまだまだ続く・・・

 

<<前へ

YON-KAの謎解き(2)~ Alchemy(アルケミー)

o0400042710367007266

o0400042710367007266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Alchemy(アルケミー)の一般的な定義を知るために、先ずは辞書で引いてみることにした。

①錬金術 《卑金属を黄金に変えようとした中世の研究; chemistry のもと》

② (ある物を他のものに変える)魔力,秘法.
=a secret process [method]; a mystique.

 

とでてきた。

辞書に書いてある説明を読んでも、錬金術という言葉自体に馴染みがないだけに、まだまだ核心にせまれず、更に調べてみることに。

どうやら、対象は金属や物質に限らないようで、様々なものが対象とされ、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す、と書かれている。

アロマテラピーもある錬金術師によって生み出されたと言われていることもわかった。

YON-KAは半世紀以上に渡ってファミリーの間で受け継がれて来たブランドなため、明文化されていないことが多い。それでも、同じ意識で取り組める空気がある。

しかし、それを日本で正しく継承していくためには、その根底にあるものを理解し、言葉でどう表現するかを考える必要がある。

一般的に言われる錬金術ではなく、”YON-KAの”錬金術の歴史と意味とは・・・

フランスから届いた資料を何度も読み直し、言葉を聞き、映像を観て、調べていくうちに徐々に徐々に腑に落ちてきた。

時間がかかったけれど、一筋の光が見えてきた。

<<前へ        次へ>>

YON-KAの謎解き(1)~フランスから届けられたメッセージ

o0431038610365221494

o0431038610365221494

 

 

 

 

 

 

 

 

先日のカフェ で、まるで”謎解き”みたい・・・と書いた。

本当にそうなのだ。

ある日、1通のメールがフランスのBrunoから届いた。

YON-KAの理念、真髄を表現したメッセージ。
これからブランドのSignatureとなる一文。

それが
l’alchimie du bien-être

英語では、

the alchemy of pure wellness

YON-KAそのもの、そしてそこから生み出されるものがこのフレーズに込められている・・・

ひと目みただけでは、単純に日本語訳しただけでは理解できない。
この中に、どんなメッセージが隠されているのか・・・

フランスは例によって必要以上の説明をしてこない。
その後のインターナショナルミーティングでも直接発表と説明を聞いたのだが
自分自身が深いところで完全に理解しきるまでには時間がかかる。

私は頭を悩ませた。
このメッセージの本当の意味を理解できなければ
半世紀続いたブランドのDNAを正しく日本に伝承することが出来なくなってしまう。。。

 

<<前へ    次へ>>

 

謎解き

o0159027210363166433

(お知らせ)

YON-KA代表 武藤のブログ「武藤興子のGO STRAIGHT! まっすぐに行こう!」に掲載しておりました

「謎解き」は、こちらのブログに移動いたしました。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

o0159027210363166433

 

 

 

 

 

 

 

 

私達が携わっているYON-KAは・・・本当に神秘的なブランドだ。

”謎解き”のようなものだ、ってそんな風に感じる。

 

ファミリーが伝承するもの

 

その謎を、私達がひとつずつ解いていく。

そんな感覚。

 

一言では語りつくせない。

知れば知るほど謎が深まる。

 

7年間共に過ごしても、毎日新しい発見をする。

一筋縄では行かない。

 

そしてまた謎。

新たなメッセージがファミリーから届く。

言葉ではなく、心でそれを受け取り、日本語として言葉にして伝えていく。

産みの苦しみ。でも、この部分は大事な使命。

 

5周年に向け、出会ってから7年が経過しようやく見えてきたもの

何故、「謎解き」なのか、等、明日から少しずつこちらでも書いていきたい。

しばしの間お付き合いを。

 

次へ>>

 

 

BRAND SPA TREATMENT PRODUCT INTERVIEW YON-KA FAMILY EVENT PRESS SCHOOL OTHERS